低血圧だと朝なかなか起きられないって聞いたことありますよね?本当にその2つに関係はあるのか、ただ朝起きるのが苦手ってだけなんじゃないのかと、気になったので、調べてみました。

低血圧で寝起きが悪い女性

利尿剤を服用すると何故血圧上昇を抑制できるのか

血圧が高くなるのを抑制する薬の種類の一つに、利尿剤とよばれるものがあります。この薬は、体外へ排出する尿の量を増やす効果があり、薬の名称だけを見るととても血圧を下げる効果があるとは想像はつきにくいですが、作用機序から降圧効果の仕組みを理解することが可能です。
人間が生きていくにあたって水分はとても欠かせないものですが、余分にたくさんの水分を吸収してしまった場合は、不要な分を体外に排出しなければなりません。体内に存在する老廃物を体外に出す働きに関与しているのは腎臓であり、水分もここで尿となって体外に排出されますが、この尿を出すために重要なのが心臓のポンプ機能です。余分な水分の量が多くなると、心臓はその水分を体外に出すのを助けるためにより力強く機能しなければならなくなります。そして、心臓の機能が活発になることは、心臓から出される血液の量の増加をもたらし、これが血圧の上昇をもたらします。
高血圧の原因の一つに塩分のとりすぎが挙げられます。塩分を過剰に摂取すると、水分を吸収する働きがあるナトリウムの量が増加し、体液の濃度を一定に保つためにより多くの水分を摂取する必要があるからです。高血圧の患者に利尿剤が用いられるのは、薬剤の有効成分にナトリウムの排出を促す作用があるものが含まれているためで、体内の水分量を減らして心臓から拍出される血液の量を減少させられるだけでなく、ナトリウムの量を減少させて水分を摂取しなければならない要因も取り除くことができるのが、高血圧の治療に効果的である大きな理由です。
ただし、利尿剤には、ナトリウムだけでなくカリウムも排出されてしまう欠点があります。カリウムは心臓や筋肉の機能を調整する働きがある重要な物質であり、不足すると筋力や神経機能などの低下を引き起こします。もし、利尿剤を使用するのであれば、カリウムを豊富に含む食べ物を積極的に食べるようにしましょう。